7 :本当にあった怖い名無し 2012/09/16(日) 16:10:47.86 ID:XjrDwqfi0
あまり怖くないけど、1年前まで住ん でいたワンルームマンションの話。
中継駅近くにある普通の9階建てで、 ガラス張りの扉に暗証番号入力して入 ると小さなエントランスにエレベー ターがある手狭な作りだったんだ。
エレベーターも普通のもので昇降ボタ ンを押すと扉が開き各階ボタンを押し て利用するというもの。

毎日仕事から帰ってエントランスに入るとエレベーターが自動で開き家に入る。 職場と家を往復するだけの生活だったのであまり細かいことは気にしてなかったんだけど、ふとした時に気 づいたんだ。

たまたま同じマンションの住人が少し前を 歩いていて先にエントランスに入っていくのを外から見ることがあったんだ、

その人ボタン押してエレベーター入っ ていったんだ。
そうなんだよな、ボタン押さないと開かないんだよなあのエレベーター



11 :本当にあった怖い名無し 2012/09/16(日) 20:21:25.68 ID:Yf9zHzfGO
>>7
ちょいちょい入る半角スペースに何か仕掛けがあるのかと思ったら違うのね



12 :本当にあった怖い名無し 2012/09/16(日) 20:43:48.16 ID:7ElHnPm90
専用執事がいたなんてウラヤマ


13 :本当にあった怖い名無し 2012/09/16(日) 21:06:52.63 ID:L2v498sR0
>>11
半角スペはメモ帳からコピペしたら何でか空いていたんです

>>12
専用かは解らないですが身支度して部屋出ると自分の階でエレベーター開いて止まってる事多かったですよ
本来は自動で閉まったあと1階に降りてるんですけど

一緒に居るとエレベーターが勝手に開くのを間近で見た彼女が気味悪がってましたが、5年も住んでたら気にもならなくなるもんだなと引越して1年たった今振り返って思ってる次第です
大した内容でもないのに長々失礼しました



8 :下がりすぎなのでhage 2012/09/16(日) 19:04:39.25 ID:kF5/4cYn0
守護霊「主はお疲れの様子…、わたくしめがボタンを!」


9 :本当にあった怖い名無し 2012/09/16(日) 19:11:23.12 ID:2UQMJ/BP0
セキュリティ解除したら勝手にエレベーターがエントランスに来て待機するんじゃないの?


10 :本当にあった怖い名無し 2012/09/16(日) 19:36:40.75 ID:L2v498sR0
>>9
いえ、入り口の解除とエレベーターは連動もしてないしセンサー感知とか上等なものはついてなかったですよ

一応気になったので、後日マンションの前でタバコ吸いながら他の人が入っていくのを眺めたりしてみましたが勝手に開く事無くボタン押して開けてました



14 :本当にあった怖い名無し 2012/09/16(日) 21:21:44.30 ID:7ElHnPm90
エレベーターの霊に恋されてたね


16 :でってぃう太田◇脱・貨物同盟 2012/09/16(日) 22:15:14.99 ID:CAVXripjO
これからここに書く話の怖さは幽霊が出たり心霊現象が起こったりというオカルト系の話ではないことを予め断っておきます。
学校で不祥事を起こし、重い足を引き吊りながら帰宅し、担任から親へ連絡が行くことを恐れる。学生時代ならば誰だって経験したことがある怖さだろう。
特にうちの場合、やんちゃしていた俺のことだから学校から自宅へ連絡が来ること自体が親にとって重荷に感じていた。
学校で叱責を受け、帰宅するまでの道のり。あの怖さはなんとも言えない苦しさが圧し掛かかる。
高校1年になって間もない頃、俺は東京都A区内の私鉄駅前から自転車を盗み警察に補導された過去がある。
出来心だった。友人と遊びに行く足代わりとしてやっていたところ、偶々交通巡回だった巡査に出くわしてしまった。最寄の警察署へ連行され母親が迎えに来た。
母親は怒り狂うこともなく沈痛な面持ちで頭を下げていたことが今でも脳裏から離れない。



17 :でってぃう太田◇脱・貨物同盟 2012/09/16(日) 22:16:04.99 ID:CAVXripjO


昨日、俺は関東県内JR線でキセルをして駅員に確保された。
何でも、その駅ではキセル乗車した切符が改札機に溜まり、終電後の集札時の計算が合わないことが多々あったため駅係員がここ数日間にわたり目を光らせていたと言う。
「この切符を通しましたよね? ちょっと駅事務室まで来てもらえませんか?」
そう言われ俺は駅事務室へ連行された。すると、奥の部屋から駅長が出てきて、乗車に使用した切符を回収し、年齢や家族構成といった身分証明までされた。
やがて、駅長は警察へ連絡し、程なくして警察官3人が到着。俺はこの瞬間、人生が終わったと確信した。ホーム上に揺れ動く乗客の姿や駅前を散歩する初老の爺さん・・・身の回りに居る人全てがどれだけ自由であることか実感した。
土下座までして家族と会社には連絡しないで欲しいことを嘆願したが、その甲斐もむなしく所轄の警察署まで連行された。
なぜそこまでして家族や会社に連絡されたくないのかと言うと社会的立場の側面もあるが、最大の理由は母親である。
過去にこうした事象(電話相手は警察でなく学校だったが)が起こったときに母親はヒステリーを起こし部屋中を滅茶苦茶にしてしまった。俺は自分の犯した過ちだけに説得させることも出来なかった。
今度、同様の連絡が警察から行けば家は追い出されるだけでなく家庭は全て崩壊することは確信していたからである。



18 :でってぃう太田◇脱・貨物同盟 2012/09/16(日) 22:16:52.72 ID:CAVXripjO
市街地をはずれ、広々とした農村地帯の真ん中に警察署はあった。
やがて、取調べが始まり所持金や現住所。両親の氏名・職業や弟の大学まで聞き取られた。
俺は全て正直に答えた。なぜかと言うと、連行されるまで間幾度か家族と会社には連絡しないで欲しいと嘆願したところ1人の警官が口を開きこう放ったからだ。
「家族や会社に連絡するもしないもこれから取り調べに応じるお前さんの態度次第だ」
この一文を都合よく解釈すると、正直かつ素直に回答すれば嘆願通り家族や会社へ連絡せずに釈放される可能性もあると踏んだのである。
今更、嘘を言ってごまかしたところで何ら意味はないという諦めもあったのかもしれないが。。
しかし、俺はあろうことか過去にキセルした切符を持っていることに気付き、その切符を右手で丸め込んで取調室の棚と棚の僅かな隙間に押し込んでしまったのである。気が動転し両手が震える中で頭が真っ白になっていた。
やがて、警官が取調室に来て過去の常習暦はどれくらいか聞かれたのでその回数を素直に答えた。その他、同じように家族構成や身元確認などを質問事項に掲げ取調べは続いた。
最後に、真っ白な白紙を取り出した警官はここに誓約書を書かせ拇印を押させた後こう言った。
「今回は大目に見て家族や会社に連絡はいたしません」
俺自身が未成年ではなく成年に達していたためこのような判断が降りたのかもしれない。(前回の自転車窃盗で捕まった時は高校生で未成年であるため身元引受人が迎えにこない限り釈放できなかったようである)
俺は再び車に乗せられ駅に戻って駅係員に謝罪。駅長も寛大な判断で
「もう社会人として働いているのですから二度と同じ過ちはしないでください」
と言い、それで全てことは片付きほっとした。



19 :でってぃう太田◇脱・貨物同盟 2012/09/16(日) 22:18:47.25 ID:CAVXripjO
・・・が、問題は取調室の棚と棚の隙間に隠した乗車券である。帰るよう支度するときに取り出そうとしたのだが、奥の方へ挟まっているのか取り出せないまま釈放という形になってしまったのである。
取調べでは過去の常習暦を素直に話しているのでこの乗車券が日が経ってから発見されても問題はないという見方も出来る。
しかし、取調べ中に往生際の悪い態度を取っていたと判断されれば考え方が変わり家族や会社へ連絡されかねない。それを考え始めると再び両手が震え始めてしまうのである。

昨晩も全く眠れなかった。夢の中で電話の音が鳴り響き飛び起きたりもした。1日経った現在でもまだ警察から連絡は来ないのだが、家庭電話の子機は自分の部屋の机に置いている。何時鳴っても応対できるためだ。
今はいっそ耳を塞いでしまいたい程怖く、精神的に追い詰められている。
">
別れ際に警官が笑顔で言った
「連絡はしないから安心しろ。気をつけて帰るんだぞ。」
という言葉を信じるしか自分を安心させる方法はないのだが。



23 :本当にあった怖い名無し 2012/09/16(日) 23:04:25.21 ID:Xbuwo+bg0
お、おう・・・まあ何だ、スレチっぽいが


24 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 00:24:48.47 ID:arkd9Q/jO
冒頭とその後の文章との繋がりが意味不明だし、自動改札機なら切符は通るわけないし…
文章の構成、内容全てにおいて中学生レベル。
…はっ!こんな糞みたいな話しをドヤ顔で載せる糞コテにほんのりってことか!



29 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 01:24:49.29 ID:r6RAMgID0
自分の体験じゃないけど。母に聞いた話。ちょっとありがちかも?

叔母が子供の頃、真っ白な猫を拾ってきて飼いだしたそうなんだけど、
飼い始めて数日で叔母が高熱を出してダウン。医者に見せるも原因不明。
それが数日続いていたそうな。

熱に浮かされつつも、叔母が猫を恋しがったので部屋に猫を入れたら、
叔母のおなかの上に猫が乗り、おすわりをして、
母・祖母・曾祖母が言うには「顔がにや~っと笑ってニャーンと鳴いた」そうだ。

しかも、それ以降叔母のおなかの上から降りようとせず、丸くなるわけでもなく、座ったまま。
やっぱりニヤニヤしながらニャンニャン鳴いてたそう。
で、怖くなった祖父が思い余って猫をつかんで捨ててきた・・・ら、熱が下がったらしい。

祖父は犬を飼ってても野良猫を撫でに出かけるぬこスキーなので、よっぽど怖かったんだと思う。
捨ててきた件に関しては50年近く前のことなんでご容赦を。
ただまあ猫の姿をした別のものだったんじゃないかとは思ってる。



32 :でってぃう太田◇脱・貨物同盟 2012/09/17(月) 06:59:48.25 ID:ezbvGqKhO
>>29
その当時はまだ西武鉄道は赤い電車が走ってました。



37 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 12:10:52.95 ID:TkTCqkVp0
シュールだけど自分としてはマジで怖かった体験談だけど


ゴールデンウィークを利用して旅行してた時の話。
ビジネスホテルに泊まって寝ていたら、突然左腕を力強く捕まれる感触で目覚めた。
左腕を見ると、指先から肘までしかない空飛ぶ腕Aが俺の左腕を掴んでいた。
その時の俺は何を思ったのか、右手でその空飛ぶ腕Aを掴んだ。
すると何処からともなくもう一本の空飛ぶ腕Bが現れて、俺の右腕を掴んだ。
「このままじゃ負ける!」という意味不明な思考に陥った俺は、自分の左腕を捻って右腕を掴む空飛ぶ腕Aを掴んだ。
つまり

俺の左腕を掴む空飛ぶ腕A→空飛ぶ腕Aを掴む俺の右腕→俺の右腕を掴む空飛ぶ腕B→空飛ぶ腕Bを掴む俺の左腕→……

の拮抗状態に陥った。
そのまま、5~10分くらいその状態を保っていたら、不意に空飛ぶ腕A・Bが消えたので俺も寝た。


朝起きると、両腕には子供か女性くらいの小さな掌の痕が残っていたので、夢や自分で自分の腕を掴んでいた訳ではなく本当にナニカに腕を掴まれていた。



41 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 15:44:56.34 ID:EUnvk+RUP
右ひじ左ひじ交互に見て
右ひじ左ひじ交互に見て

そうして出来たのがこのギャグである。



50 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 22:52:53.08 ID:ZccMYWbm0
ではひとつ

かなり昔だが、一人ドライブがてら富士山に行った
5合目まではらくらく車で登れるのでいい気分転換になっていた

車から降りて綺麗な空気を吸い込み、秋のきれいな空を満喫していた
背後から声がかかった

「あの、一緒にドライブしませんか?」

振り返るとライダーの格好をした青年が一人
どう見てもバイク乗りにしか見えない
いくら車を降りて人心地付いていても車の横に立っていたのに

一体どうやってドライブをしようと考えていたのか、考えただけど身の毛がよだった秋であった



51 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 22:55:45.13 ID:oL/rlbd+0
色々わからんが、ホモ話ってことか


52 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 22:56:54.67 ID:cY/5ok5l0
そのライダー姿の青年は、アメリカンポリス風?
バイクも無いのに、そこに居たって事かな。



53 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 22:59:05.25 ID:MagMKkjr0
バイクが故障したんだろな


54 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 23:41:52.59 ID:t3rndHs50
ほんのりと言うか、よくある話と言うかって話なんだけど聞いておくれ
iPhoneでメモに書いたので貼らせて下さいな
ありがちだから、可能な限り質問にも答えるし特定されてもいいつもりで書きます

今自分が32なんで23年くらい前の話なんですが、東京の江戸川区に当時から住んでまして柴又街道という街道から少し入った所に
鹿骨のナコスと言うスーパー?がありました。
そこは、出入り口が建物の右と左に自動ドアがあり当時トイレが右のドアのわき(建物の外)にありした。
よく工事現場などで見かける仮設トイレです。
ある時、母親の運転するカローラⅡで姉とペアルックの服を来て買い物に来ました。



55 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 23:42:40.66 ID:t3rndHs50
母親は洋服を見る為に(スーパーのくせに二階部分に子供下着や安い婦人物の服や下着が売っていた)二階に行こうと右の入り口から店内に入ろうとしていました。
ですが、自分は子供だからか洋服を見る事、服売り場の暑い温度、ニオイが嫌いでつまらなくていつも別行動をとっていました。もちろん、店内で。
その日は、店内に入り母親と別れた時点でオシッコがしたくてたまりませんでしたので、姉にトイレに行きたい!一緒に着いて来て!待ってて!と言い、仮設トイレの前で待っててもらいオシッコをした。
で、おまちー☆ってな感じでトイレから出て姉に向かって行き、手を繋ぎました。
姉がおかーさんのトコに行こう?と言うので暑いしイヤだよーと言いながらも、手を引っ張られて店内の階段を上がって行った頃なんか変なニオイが店内でぷーんとした気がしました。



56 :本当にあった怖い名無し 2012/09/17(月) 23:43:10.94 ID:t3rndHs50
やっぱ、クサイと思った時には姉も、クサイ!クサイ!と言う位の匂いになっていた。
姉と自分は半分は嫌がりつつ、半分はキャッキャキャッキャと楽しみつつ店内を小走りで移動しつつ母親と合流しようとしていました。

『匂いが追いかけてくる』

振り返っても汚らしいオジサンなどはいないのにとてもクサイ。

ふと自分のトレーナー(姉とお揃いで首回りと両肩から袖口まで薄いピンク、それ以外は白)が視界の下に入ったので見たら、場所で言えば乳首の3cm位上からヘソ下までびっちりと隙間なくウンチとゲロが塗りたくってありました。
トイレの正面で自分を待っててくれた姉。店員。他の客。普通に立って用を足せる自分。気付かないワケがないのに、ベッタリでした。

最近実家に帰った時に母親に聞いた所、なにそれ?と言われた。
あぁやっぱり子供の頃の記憶なんてね。と思ったら、たまたまいた姉がそんな事あった気がする!確かあんた、買ったばっかりのトレーナービニール袋に入れてスーパーのゴミ箱に捨てて来る羽目になったんだよね?!臭くて車に乗れたモンじゃないって言う話になって、、、

ほんのり怖かったですよ、ホントに。




57 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 00:32:24.16 ID:pA2HhMJ10
>普通に立って用を足せる自分。気付かないワケがないのに、ベッタリでした。

ごめん、全く意味がわからない



58 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 00:38:08.15 ID:HFb45HwR0
>>57
完全に言葉足らずだね
ごめん

トイレにしゃがんでもいないし、もちろん寝転んだりもしていないって言いたかったんだ





66 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 11:51:06.96 ID:7rDEj/R20 
友人に聞いた話です。 
友人が小学校の頃、友人の友達(以下A)と近くの山で探検をしていると 
山の入口から20,30分程かかるところに小屋があるのを見つけた 
農具かなにかをしまうような小さい木とトタンでできた小屋で相当古くかなり老朽化していて 
小屋の中はボロボロに朽ちたスノコのような木が土の上に敷いてあった 



67 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 11:53:09.78 ID:7rDEj/R20 
それから友人とAはその小屋を秘密基地と呼びほぼ毎日来るようになった 
ある日、小屋の中で友人とAが話していると異様な臭いがすることに気づいて 
どこから臭うのか、しばらく臭いの元を探していたが見つからず床を持ち上げてると 
開けた瞬間に強烈な異臭を放ち下には黒い毛玉のようなものがあった
友人がなにこれとしばらく固まっているとAが木の棒でそれをつつきだした 



68 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 11:58:49.92 ID:7rDEj/R20 
棒で毛玉をひっくり返してみると腐った猫の死体だった。 
死んでから時間が経っているようで、顔はギリギリ猫だったとわかる程度に 
ひっくり返した瞬間、Aが突然「ウギャーーー@#$&%****、アパパパパパアポゥ」みたいにずっと叫びながら小屋を飛び出し 
友人も必死で追いかけたが、普段そんなに足の早くないAに全く追いつけずAはこけそうになりながらも 



81 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 13:03:51.70 ID:YrdxB/u/O 
>>68 
Aの叫び声の表現にワロタww 



69 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:00:55.18 ID:7rDEj/R20 
一度も止まることなく山の出口まで駆け下りていってしまった。 
友人は確かに初めて生き物の死体を見たのでびっくりしたが、明らかにAの驚きようは異常で友人が山を降りていくと 
出口でAが泣きながら座り込んでいた 
いくらなんでも大げさすぎると思い、話を聞くため 
しばらく待っているとようやくAは落ち着いてきた 



71 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:03:06.12 ID:7rDEj/R20 
話を聞くと毛玉の顔が猫の顔じゃなく自分の頭だったと言い出した 
友人は意味が良くわからずまさかそんな訳はない、気のせいだと慰めながらその日は家に帰った 
Aは猫の死体をずっと踏んでたから呪われたとか木でつついたりしてバチが当たったんだとか言っていた 
そしてとくに何もないまま数年たった 
高校生になり夏休みにAは大工のバイトを始めた 



72 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:05:07.40 ID:7rDEj/R20 
その工務店は昔、仕事中に事故があったらしく 
ヘルメットを支給されていたが、夏場は暑すぎてつけてられないのでみんな外していた 
ところが、急にバイトの先輩がヘルメットつけろと言ってきた。普段はそんなこと言われないし 
バイト始めた時はヘルメットつけてると暑苦しいから外せと言ってきた先輩なのであれ?と 
思いながらも付けて仕事をしていた 



73 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:07:11.76 ID:7rDEj/R20 
昼休みになり、みんなで昼を食ってから飲み物を買いに行くために立ち上がると 
先輩がまたヘルメットつけていけ 
と言い出した。Aはいくらなんでもコンビニにつけていくのはおかしいと思い 
なんでですか?と尋ねたが 
いいからつけていけ と。 
不満に思いながらも先輩は怖いぐらい真剣で 
いつもは明るい人なので妙に気圧されて着けて行くことにした 



74 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:09:53.95 ID:7rDEj/R20 
すぐ近くのコンビニに向かう途中でAは交通事故にあった 
Aは車のフロントガラスに頭から突っ込んでかなり重傷だったらしいが、一命は取り留めた 
医者にヘルメット着けてなかったら確実に死んでいたと言われたそうだ 



75 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:12:45.36 ID:7rDEj/R20 
後日、先輩になぜヘルメットをつけろと言ったのか聞くとなぜか嫌な予感がしたらしく 
昔からそうゆう第六感?みたいなのが結構当たるから、一応着けさせたけどあまり自信もなかったし 
言ったところで信じられる話じゃないと思って黙ってたらしい 
でもコンビニに行くって立ち上がった時に肩らへんにドス黒い塊みたいなモヤモヤが見えて確信したそうだ 



76 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:15:52.38 ID:7rDEj/R20 
Aはその時全く気づかなかったらしいが、友人にその話をした時 

黒い塊って・・・ あの猫だよな 

Aは退院後すぐにお祓いを受けたみたいです。それからはとくになにもなく元気に生きてます。 
友人はその話聞いたとき、怖さとそれに気づかなかったAの馬鹿さに本気で腰が抜けそうになったそうです 
あとちょっと分かりやすく盛ったけど話自体はだいたい聞いたままです 




77 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:17:56.46 ID:7rDEj/R20 
おしまい 
お付き合いありがとうございました。 



79 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 12:54:00.32 ID:Tg22LMb50 
おつ 
やっぱ得体の知れんものを見つけるってのは怖いね 



82 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 18:12:09.90 ID:RTrfMqwT0 
引っ越し記念カキコ 

この前、彼女のアパートで右足だけが歩いていた。 
何の事か分からないと思うが、足一本がトントン音を立て 
ワンルームの中を闊歩していた。 
ちなみにそのとき彼女はグースカ寝ていた。 

何となく怖いので、この事は伏つつ 
それとなく引っ越しを提案したら 
当然のように同棲→当たり前のように婚約 
と怖いくらい順調と進んでいる。 

結婚を決めたきっかけを聞かれたらなんて答えよう・・・ 



83 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 18:16:30.03 ID:UpVrCHIX0 
縁結びの右足か、結婚指輪は右足型の指輪にしないとね 


84 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 20:20:58.16 ID:zSjlT0nT0 
昔、夜中に赤い光を自分の顔にあてているバイクのおじいさんに 
追い回された。 
ちょうど懐中電灯を下から照らすと怖いのと同じ感じ。 
街灯もない真っ暗な場所でバイクはライトをつけていなかったので、 
恐ろしい赤い顔だけが闇に浮かび上がっていた。 
どうやって逃げたかよく覚えてないわりには軽くトラウマだが、 
なんだったんだろう、あの人。 



85 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 21:23:07.52 ID:qVAi7Ztc0 
珍走団退治じゃね? 


86 :本当にあった怖い名無し 2012/09/18(火) 21:59:09.00 ID:hKjIoRG0O 
真っ暗な中ジョギングしたことあるがそれすら足元見えず怖かったのに、バイクで走るなんざ神か! 

コメント一覧

    • 1. m
    • 2013年03月15日 19:22
    • ・有村綾乃
      ・清中綾乃
      ・徳永加奈美
      ・鈴鹿陽一
      ・村上綾乃
      ・畠山龍夜
      ・野口太一
      ・柴田美里
      ・木村由香里
      ・望月千歩
      この人達の名前を見たことがありますか?
      見たことがない人は、今見てしまったからもう逃げられません。
      あるチェーンレスを貼らなかったことによって無残な遺体になった人達です。
      この事実を忘れてほしくないので他のスレに5個貼って下さい。
      もし貼らなかったら…きっとそのうちあなたの名前も加わってることでしょう

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
RSS
相互RSS・相互リンクを大募集
ジャンル問わず大歓迎です。
RSS
メールはこちら
参加ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ



人気ブログランキング
  • ライブドアブログ