20061022_50766
132 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 17:26:53.95 ID:+gowD/urP [1/20]
じゃあ体験談ってことで便乗して。
怖い話って言うか、自然界にはままあることなんだろうけどさ。
それでも個人的に体験して怖いと感じたから書いていこうと思う。
ついさっき起こった話。


133 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 17:29:02.55 ID:+gowD/urP [2/20]
バイト先から帰ってきたんだ、時間は12時くらいか。
免許を持たない俺は、坂の上に建つ自宅まで今日も必死に自転車を漕いできたんだ。
で、くたくたになりながら自転車を車庫にしまおうと自転車から降りた時。
ふと足元に小さな緑色の物が見えたんだ。で、自転車をその場に停めてよく見てみたら、カマキリだった。サイズはそこそこ大きめ。



134 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 17:32:08.36 ID:+gowD/urP [3/20]
でもまあ、俺の住んでるところはまあまあ田舎の方で、カマキリがいることは何ら珍しくない。
だからそのまま放置して、自転車車庫に入れて、家に入ろうとした。
だけど、田舎と言っても流石に、車がまったく通らないほどではない。寧ろ結構通るほうだと思う。
つまり何が気になったかって言うと、このままだとカマキリが道路の中央へ寄っていって轢かれる可能性もあったんだ。



135 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 17:34:10.92 ID:+gowD/urP [4/20]
で、まあ、悩んだ挙句、俺の家の前に轢死体が出来るのも嫌だったからさ、そのカマキリの首根っこの方掴んで、俺んちの小庭の方へ離してやった。
それですっかり胸のつかえが取れた俺は、家に荷物を置いて、昼飯を食べに行った。王将まで。

ここまでだったら、何の他愛もない、日常のワンシーンだと思う。
実際、俺も完全に忘れてた。家に戻ってくるまで。



138 名前:携帯からだから遅くなるやも[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 17:52:32.52 ID:+gowD/urP [6/20]
俺は昼飯を終え、帰宅した。既に14時は回ってたと思う。
この時、家の前の道路まで来てはじめて、俺はカマキリのことを思い出した。
もしかして、もう一度道路に飛び出していたら……と思って周りを見渡したが、杞憂だった。地面の何処にも緑のシミはなかった。
俺は安心して、家に入るため、玄関へつづく階段へ向かった。



139 名前:消えたら携帯も規制くらったと思って欲しい[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 17:58:01.41 ID:+gowD/urP [7/20]
階段、と言っても、3、4段しかない低いもので、またそこに隣接するかたちで、カマキリを離した小庭もある。
ともかく俺はそこを登ろうとした。そこで、俺は何か気になるものを見つけた。
一番下の段に、赤黒い羽が落ちていた。
カマキリが獲物でも捕ったか?そう思った俺は、何の気なく、上の段まで目をやった。



140 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:01:19.05 ID:+gowD/urP [8/20]
違った。
緑色の足が転がっていた。全部で4本。
カマキリの、足。
背筋が凍った。
まるで見せしめのように、階段の上へ、カマキリのからだの部分部分が、無造作にばら撒かれていた。




143 名前:PC復活したけどまたすぐ規制されそう[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:12:19.08 ID:+gowD/urP [9/20]
きっと、鳥かなにかの仕業だ――俺は自分にそう言い聞かせながら、家に入ろうとして、しかし、あることに気づいてしまった。
カマキリの足や羽が、まるで俺を導くように、伸びすぎて庭から溢れた植物の下まで、道筋を作っていた。
確認せずにはいられなかった。俺は草を手でどかし、下を覗き込んだ。



144 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:16:37.07 ID:+gowD/urP [10/20]
そこにいた〝何か"に、小さな蟻がうじゃうじゃとたかっていた。
俺はそれ以上見るのをやめ、家へ入った。

あれをやったのが、小さな子供なのか、鳥か、或いは猫や、他の虫か。それはわからない。
だけど、もし俺がカマキリを助けようなんて思わなければ……こんなことは、起きなかったのかもしれない。



145 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:18:47.71 ID:+gowD/urP [11/20]
後俺がカマキリに並々ならぬ因縁を感じる原因となった話もあって寧ろそっちが本命なんだけどこの様子じゃ書けそうもない( ´;ω;`)
これじゃただのノラ猫の話( ´;ω;`)



147 名前:がんばってみる[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:37:47.05 ID:+gowD/urP [12/20]
中学生か高校生の時分。まだ友達というものがあったその頃の俺は、そいつと一緒に自転車でよく出かけていた。
そんな秋のこと。俺はいつものように家の前の坂道を友達と二人で駆け抜けていた。
その時、自転車の進行先に一匹の虫がいるのを発見した。いわずもがな、カマキリだ。



149 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:43:45.41 ID:+gowD/urP [13/20]
俺はとっさに避けようとしたが、隣には友達の自転車。おまけに細い道。ブレーキをかけようにも、そこは坂道、とても間に合わない。
努力の甲斐むなしく、俺はカマキリを轢いてしまった。
俺はようやく停止した自転車を停め、すぐにカマキリの状態を確かめに行った。
思い切り轢いていた方がマシだった。そう思えるほどに、酷い状態だった。



152 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:50:18.29 ID:+gowD/urP [14/20]
何とか避けようと俺がハンドルを切った結果、車輪は見事に、カマキリの細長い首だけを真横に潰していた。
カマキリを手に取る。確かにまだ生きていた。特徴とも言える大きな釜が、弱々しく抵抗してきた。
さらに、嫌なことに気がつく。腹が、大きく膨らんでいた。
俺が潰したそれは、今まさに子を産み、母になろうとしていたカマキリだった。



154 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:54:10.51 ID:+gowD/urP [15/20]
その時点で、もうそれが生きてはいけないことなど、誰の目にも明らかだった。
いっそ殺して、楽にしてあげるべきだった。
だが、自分のしたことがとてつもなく恐ろしいことであるような気がしてきた俺は、
友達を待たせていることもあり、そのカマキリを道路脇のドブに放ってしまった。



155 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 18:58:32.37 ID:+gowD/urP [16/20]
そして、帰り道。事情があり、友達と別れ、一人で自転車を漕いでいた俺は、先程カマキリを潰した場所へと差し掛かった。
瞬間、あの時の映像がフラッシュバックする。
既に日が落ち、月と街灯が闇を照らし始めた夜に、少々不安が募った俺は、全力で坂を駆け上り、帰路を急いだ。



156 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 19:02:52.84 ID:+gowD/urP [17/20]
途中、キン、と言う音がしたように思えたが、一刻でも早く家に着きたかった俺は、気のせいだろう、と自分に言い聞かせ、必死に漕いだ。
やっとのこと帰った俺は、自転車を車庫に入れ、鍵をかけようとして、違和感に気がついた。
自転車の鍵につけていたはずのお守りのキーホルダーが、まるで「何かに切られたように」途中でぷっつりとなくなっていた。



157 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 19:06:00.93 ID:+gowD/urP [18/20]
割りと丈夫な金属でできていたはずだったし、劣化するほど長い年数使っていたわけでもない、だのにこんな千切れ方。
話を聞いた親は「車輪に巻き込まれただけ」と笑ったが、俺はそうは思えず、カマキリにとどめを刺してやらなかったことを酷く後悔した。
後日、俺は例場所に行き、許してもらえるかはわからないが、何度も何度も頭を下げた。



158 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 19:10:00.30 ID:+gowD/urP [19/20]
今でもそこを通る時は、あの記憶が鮮明に蘇る。
因みにさらに後日、そこで俺が自転車事故にあったり、猫が轢かれる瞬間を目撃したりしているのだけど、
それはマーフィーの法則とかいう類のものだと思うので詳しくは書かない。



159 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/26(金) 19:12:58.11 ID:+gowD/urP [20/20]
この話自体も、そのとき付けていたキーホルダーが偶然お守りだったから不思議な印象を持ってしまうだけなのかもしれないけど
でも、とにかく不思議な出来事だった。
異常です。色々申し訳なかった…

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
RSS
相互RSS・相互リンクを大募集
ジャンル問わず大歓迎です。
RSS
メールはこちら
参加ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ



人気ブログランキング
  • ライブドアブログ